みなさんは何のためにギター教室に通うのでしょう?
特に全くの初心者ではなく、ある程度自分で練習して演奏できるようになっている方がギター教室に通うメリットを考えてみましょう。「もちろん上達するために決まっている!」という方もいると思いますが、上達のために練習をすること自体は、教室に通わなくても十分可能です。実際漠然とギターを習いに来られる方も多いのですが、そういう方には以下のようなお話を体験レッスンなどでしています。


■自分の演奏に対する客観的な評価
まずこれが最大のメリットだと思います。ギターを弾く目的として「自分が楽しみ満足したい」のか「より客観的に自分の演奏能力を知りたい」のか、どちらに重きを置くかは人それぞれだと思いますが、後者の方がギター教室に通うメリットの大きい人だと思います。自分の演奏の良い点、悪い点を客観的に指摘されることは最初は苦しいことかもしれませんが、そこから発見できるものは、はるかに大きいのです。私自身まず独学から始め、その後師についたのでこのメリットの大きさは実感しています。


■音の改善
クラシックギターの美しい発音は難しいものです。教則本ではあまり具体的に触れていないことがほとんどですが、人それぞれ指や爪の形、大きさ、長さ、体格などが全く違うため、マニュアル化しにくいのは当然です。先生について自分に合った美しい音の出し方を学ぶことで、演奏の全体的な質を向上させ、自分の楽器の本当の響きを知ることができるでしょう。逆にギター教室を選ぶとき、「その先生の音が好き!」「こんな音になりたい!」というのを基準にしてみるのもいいかもしれません。


■効率のいい練習

以前「この曲をマスターするために100回弾く!」と宣言して必死で取り組んだものの、本番でガタガタになってしまった方がいました。音楽は根性論の世界ではありません。「必死で取り組む」という姿勢は大切ですが、うまく練習すれば100回の練習をぐっと短縮することは可能なのです。練習時間を1時間取れる人、30分も取れない人、人によりさまざまだと思いますが、効率のいい練習メニューを先生に組んでもらうのは大切です。


■運指のアイデア

プロギタリストの大きなアドバンテージは「様々な運指のアイデア」を持っていることでしょう。膨大な数の作品に触れ、研究し、時には自分で譜面を書いているわけですから、独自の運指の方法論をそれぞれの先生が持っています。出版されている楽譜の中では運指が効率的でないもの、別の方法を試せそうなものが多々あるので、「弾けない!」とあきらめていた曲も意外な突破口が見つかるかもしれません。


■外部とのかかわり・交流
クラシックギターは基本的に一人で演奏するものなので、練習もなかなか寂しいものがあります(笑)私のレッスンにも練習だけでなく、ギターや音楽についていろいろ話がしたいと言って来られる方もいます。また発表会などを通じて同じ趣味の方が出会うこともあるでしょうし、そこから合奏をやってみよう!という話にもなるかもしれません。また教室主催の演奏会で他のギタリストや他楽器の奏者と交流する時間も持てるかもしれませんね!