ホ長調音階
上に上げたのは第1ポジションで弾くことのできる単純なホ長調の音階ですが、左手のストレッチとポジショニングがうまくできていないと、素早く安定して弾くのは難しいかと思います。少しチェックしてみましょう。

クラシックギター左手
生徒に演奏してもらうと、この写真のように手のひらの小指側が、指板からかなり遠ざかって左手全体がバタついている人がけっこういました。押さえている指に力を入れすぎていることも原因の一つのようです。それぞれの指が指板から遠ざかるほど、次の指を置くのが遅れやすくなり、左右の指のタイミングを合わせるのが困難になります。

またこのような動きになりやすい人は、左手の親指を置く場所もよくないことが多いですね。親指は人差し指と中指に向かい合うように構えるとうまくいきやすいでしょう。



IMG_4874
冒頭、2の指でファ♯を押さえているとき、この写真のように4の指はにソ♯の真上にできるだけ近づけ、すぐに押さえ変えられるようにします。4の指がソ♯の上に乗った後、2の指は自然に脱力して6弦を離れるようにします。無理に上にはね上げるようにして指を離してはいけません。指を離すときは、重心が次に押さえる指に自然に移っていくようにイメージしましょう。

5弦は6弦と同じ動きですが、4弦に移ってレ♯を押さえているときも、2の指は2フレットのミ、4の指は4フレットのド♯の真上に待機している状態にします。この音階全体を通して、4本の指は写真のように4つのフレットの真上に配置できるようにし、指は2cm以上指板から離れない方が望ましいでしょう。

左手の動きをじっくり観察しながら練習しましょう。


最初は無理なスピードアップは考えず、すべての動作がなめらかに行えるように丁寧に練習しないといけません。基礎練習は自分の意思で確実にコントロールできるテンポで行うことが最重要です。
このホ短調音階も、慣れてきたら「ギターのシンプルな基礎練習」で取り上げたように、テンポやリズムを変化させて練習しましょう。



北摂池田市・箕面市・豊中市の米阪ギター教室
(563-0031 大阪府池田市天神1‐8‐25) 
※車1台駐車スペースあり 
※阪急宝塚線/箕面線・石橋駅西口から徒歩7分、阪急バス「文化会館前」下車、南へ徒歩1分 Mail:g_yone2007@yahoo.co.jp 
Tel/Fax:072-743-6207