4月の新年度も少しずつ落ち着いてきたのか、そろそろギター教室の体験レッスンのお問合せが入るようになってきました。

まったくギターを習ったことのない方からある程度さわったことのある方、長年独学されてきた方まで様々な状況の方がいますが、わざわざうちのギター教室に連絡してくださるくらいなので、みなさん何かしら思うところがあって連絡されてきます。

意外とギターに限らず習い事を始める最初の一歩は踏み出しにくいものかもしれませんが、そのためにも無料の体験レッスンを設けているので、ぜひ気軽にご予約いただいて疑問点を思い切りぶつけていただければと思っています。

◆ギターは習わないもの?

さて、ギターに関してネット検索すると、「ギターを習うべきか、習わないべきか」という内容を書いているページがかなり多いのに驚かされます。

「習わない派」の意見としてはこんな感じでしょうか?

①楽器は自己満足の世界。好きに弾けばいい。
②ギターは簡単なので習いに行く必要がない。
③教室に通うと個性をつぶされる
④プロもだいたいは独学。
⑤YouTubeなどで十分に学べる


などなど・・・

①・・・
まずこの意見を出されるとギター講師はもはや何もいえません。そのように楽器で楽しく遊びたいという方もいることは否定しません。
ただ少なくとも私は「ギターは自己満足」と言っている人の演奏にはとても興味は持てないですね。
プロにせよアマチュアにせよ、音楽は自己満足だけでなく聞き手を意識することによってより磨かれると思います。

②・・・
「どこまでうまくなりたいか」でギターが簡単かどうかは変わる気がします。
ギターで簡単な演奏しかしないならいいのですが、より高度で複雑な演奏を目指すならどこかで独学の限界が出てくると思います。
個人的にはギターは決して簡単な楽器ではないと思いますので、弾けないからと言って決して卑下する必要はありません。

③・・・
個性をつぶすというのは誤解、もしくは本当にそういう高圧的な先生もいるのかもしれません。
よい先生ならむしろ生徒の個性をどんどん伸ばしてくれるでしょう。(私もそういうレッスンを目指しています!)
ただし個性ではなく、音楽の破綻なら手直しは必要でしょう。
音楽上の個性というものはあくまで一定の縛りの中で発揮されるものなのです。

④・・・
独学のプロも確かにいますが、私はそれは環境が生んだと考えています。
幼少期からの音楽や楽器に触れる機会の多さ、持って生まれた才能、才能を伸ばしてくれる周囲のバックアップ。そういったよい環境が個性的な独学のプロを生む要因かもしれません。
「独学だからプロになった」わけではないのです。

⑤・・・
YouTubeなどは非常に便利なツールで過去の名演や貴重な音源をたくさん聞くことができます。
レッスン動画を上げている人も多いですね。
ただこう言った動画の情報はあくまで一方通行です。疑問があっても質問はできませんし、向こうから自分の演奏に対するコメントをしてくれるわけではありません。
ネット上に大量にあふれている情報を整理して正しい情報を取捨選択するのもなかなか大変ではないでしょうか?


◆ギター教室の役割は?

ギターを習う必要がないという意見を少し考えてみましたが、こういう意見を持つ方はギター教室の役割を勘違いされているような気がします。

ギター教室を単に演奏のための情報を得るための場所を考えているなら、たしかに教室に通う価値は少ないでしょう。
事実、奏法などの情報がほしいだけの方が私の教室に来られることがありますが、たいていは長続きしません。

私はギター教室の役割は、ギターが弾けるようになるために通う場所というだけではなく、ギターの練習の上での誤解や回り道をなくし、次の目標を立て、合理的に無理なく練習を続けるサポートをすることと考えています。

スポーツのトレーナーや主治医というイメージですね。

冒頭で書いたように、長年独学された方でもなにか思うところがあってギター教室に通うことを選択することもあります。

「習った方がいいか、習わない方がいいか」と迷う前に、まずは自分一人では解決できない疑問や悩みが出てきた場合は、一度ギター教室に相談するのもいいのではないかなと思います。


最後にPR。。。。私のギター教室では体験レッスンや単発のワンレッスン制も取っているのでお気軽にお問合せください!


大阪北摂・池田市・箕面市・豊中市の米阪ギター教室

ギター横